サクラ

サクラがいない優良な出会い系サイトに登録して利用することが大切!

出会い系サイトにおける「サクラ」の本当の意味

サクラとは、出会い系サイトの運営者が雇う、サイト利用会員と出会うつもりがない「ひと」のこと。
通常、サイトを運営している会社や組織が、お金を払ってパートやバイトとして雇用しているケースが多い。

 

出会い系サイトを利用する時に使われる広義の「サクラ」の使われ方

実際の意味とはかけ離れているけれども、
広義の意味としてですが、
出会い系サイトに潜入している他の業者や、一般女性のごく一部が、
自分が関連する出会い系サイトや他の関連サイトに金銭目的で誘導したり、
金銭を奪う目的で
ネットワークビジネスへ加入させようとしたり、
高価でもない宝石類や絵画などを時価の数百倍以上の価格で売りつけたり、
ウソをついてお金をだまし取ろうとする、
そうゆう女性に成りすまし、潜入している、「ひと」のことも指す、ようです。

 

この「ひと」とは、出会えないので、実際には男性であるケースも多いです。

 

 

まさに、恐るべき人物。
十分に気をつけましょう。

 

特に、近年では、サイト運営者とグルになって組織的にやってる出会い系もあるので、要注意です。
つかまりそうになると、サイトを閉鎖し、いなくなります。
そして、別の名称でサイトを作って立ち上げては、同じ詐欺を繰り返す、といったグループも存在しています。

 

気をつけてどうなるものでもないですので、サクラを使っていないまともなサイトに登録しましょう!

 

もし、登録した出会い系サイト内でメールしていて、サクラ行為をしてきたら、速攻で連絡を断ち切りましょう!
サクラが行う行為は必ずといっていいほど、具体的に「お金を要求」してきます。
カンタンです。
カネの話をしてきたら、それは、あなたのサイフに興味がある「ひと」です。
わかりやすいでしょ?
すぐに、逃げましょう。

 

一般的に使われる「サクラ」の例

最後に、一般的に、使われる時としては、
ひんぱんに企業とかが利用することが多いですね。
人気でもない商品をサクラを雇い、行列をつくって、商品を買わせたりする。
人気でもない店に行列を作って、あたかも繁盛しているようにみせて、他の一般客に商品を買わせる。
特に飲食関係の店のオープン時で、近隣に周知できるはずもないのに、行列を作らせ、一般客に人気店だと思わせる。

 

ま、詐欺的行為です。

 

飲食店の場合は、食べることができますが、
出会い系サイトの場合、出会えません!
なので、完全に詐欺です。

 

出会い系サイト選びに、サクラを使っているか不安な方は
サクラがいない、使ってない、雇ってもいない出会い系アプリとして↓

 

有名女性誌にも広告掲載の、サクラのいない優良出会い系アプリへ!